【安い】マットレストッパーおすすめランキング|寝心地重視vs腰痛重視(硬め)どっち?

目的別に選ぶマットレス

どのマットレストッパーを使えば良いのか迷っていませんか?

既存のベッドや敷布団の上に重ねることで寝心地を改善させるマットレストッパーですが、メーカーによってその寝心地はさまざまです。

https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
Mono

寝心地を重視したもの、硬めで腰痛改善を重視したものなど目的によって選ぶトッパーが変わってきます。

そこでこの記事では、本当におすすめできるマットレストッパーを厳選し、人気ランキングにしました。

また実際に当サイトで購入した体験談もご紹介しているので是非参考にしてください。

目次
  1. トッパーとは?マットレスとの違い&おすすめな人の特徴
  2. マットレストッパーのおすすめの選び方(ランキング基準)
  3. 【腰痛改善重視】適度な硬めのマットレストッパーランキング
  4. 【寝心地重視】とにかく柔らかいマットレストッパーランキング
  5. まとめ:おすすめマットレストッパーの比較一覧表
  6. 【体験談】マットレストッパーを使ってみた|トッパーの使い方

トッパーとは?マットレスとの違い&おすすめな人の特徴

冒頭でも少し触れましたが、マットレストッパーとは現在使っているベッドやマットレス・敷布団などの上に重ねて、寝心地をアップさせるアイテムのことを指します。

そのため、「今使っている寝具だと寝心地が悪い」「寝起きに体が痛くなる」という方におすすめです。

また、トッパーと通常のマットレスとの違いは、トッパーの方が厚みが薄く(3~5cmほど)、価格が比較的安くなっています。

したがってベッドやマットレスを買い直すよりも、予算を抑えて寝心地改善ができる点でお得といえます。

マットレストッパーは高反発(硬め)/低反発(柔らかめ)どっちが良い?

トッパーといっても全てが同じという訳ではありません。

トッパーには大きく「硬めの高反発素材」と「柔らかめの低反発素材」の2種類があり、目的によって選ぶ種類も変わってきます。

具体的には以下のように選ぶと良いでしょう。

  • 現在の寝具で腰が痛い、体が痛む場合
    腰痛効果の高い高反発トッパーがおすすめ
  • 現在の寝具が硬い、寝心地が悪い場合
    柔らかめの低反発トッパーがおすすめ
  • どちらの方が良いという明確な基準はないので、好みの寝心地で判断するのが最適です。

    https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
    Mono

    ちなみに高反発トッパーは寝返りがしやすく、低反発トッパーはうつ伏せ寝がしやすいといった違いもあります。

    マットレストッパーのおすすめの選び方(ランキング基準)

    ここからはトッパーの選び方について見ていきましょう。

    当サイトのランキング基準として、基本的に以下の3点を満たしたものを厳選しています。

    1. 耐久性の高いマットレストッパーがおすすめ
    2. 厚み5cm以上のマットレストッパーがおすすめ
    3. 通気性の良いマットレストッパーがおすすめ

    1.耐久性の高いマットレストッパーがおすすめ

    マットレストッパーは厚みがそこまでないので、耐久性が通常のマットレスに比べて劣ってしまいます。

    そのためトッパーを選ぶ際は、なるべく耐久性の高いものを選ぶのがおすすめです。

    具体的には以下の基準を参考にすると良いでしょう。

  • 復元率:90%以上であれば耐久性高い
  • 密度:30D以上であれば耐久性高い
  • また傾向として、高反発素材のトッパーの方が低反発素材よりも長持ちしやすくなっています。

    2.厚み5cm以上のマットレストッパーがおすすめ

    2つ目に、厚みは5cm以上がおすすめです。
    極端に薄すぎるトッパーはへたりやすくなるためです。

    特に体重が重い方が使うと、トッパーの効果がほとんど無意味になってしまうことも。

    だいたい5~7cm程度の厚みが理想的でしょう。

    3.通気性の良いマットレストッパーがおすすめ

    最後に通気性の良さもしっかり考慮する必要があります。

    トッパーは既存のベッドやマットレスに重ねるので、湿気が溜まりやすくなります。

    カビが生えるのを防ぐためにも、高品質の素材を使用したメーカーが最適です。

    https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
    Mono

    あえて高い値段を選ぶ必要はありませんが、極端に安い1万円以下のメーカーは極力おすすめしません。

    【腰痛改善重視】適度な硬めのマットレストッパーランキング

    当サイトでは、「人気&実績」「寝心地の良さ」「耐久性の高さ」「通気性の良さ」を満たした本当におすすめできるマットレストッパーだけを厳選しました。

    ここからは、腰痛や肩こり改善に効果的な高反発トッパー(やや硬め~硬め)をご紹介します。

    以下の4つから選べば間違いないでしょう。

  • 1位:優反発+高反発の高品質トッパーなら「エムリリー優反発」★人気
  • 2位:通気性抜群!洗えるトッパーなら「エアウィーヴ」
  • 3位:値段が安い!硬めトッパーなら「マニフレックス エルゴトッパー」
  • 4位:耐久性の高いトッパーなら「ソムレスタ」
  • (※柔らかめのトッパーについては【寝心地重視】とにかく柔らかいマットレストッパーランキングで紹介しています)

    1位:優反発+高反発の高品質トッパーなら「エムリリー優反発」

    万人受けしやすい寝心地 体圧分散性◎ 寝返りしやすい

    価格
    セミシングル:18,679円(税込)
    シングル:19,778円(税込)
    セミダブル:25,278円(税込)
    ダブル:30,778円(税込)
    硬さ

    (反発力:上70N,下140N)
    厚み
    5cm
    素材
    優反発,高反発ウレタンフォーム
    耐久性
    高い(密度50D、復元率98%)
    その他
    全国送料無料
    3年品質保証

    世界各国で販売されている「エムリリー優反発(5cm)」はトッパーとして非常におすすめです。

    上層部が優反発+下層部が高反発の二層構造となっており、適度な柔らかさを残しつつも全身をしっかり支えます。

    そのため、腰への負担が少なく腰痛改善に最適です。

    また、密度が50D(30D以上であれば高い)と圧倒的で、耐久性が高いのもメリット。

    以上から「適度な硬さの寝心地が好み」「トッパーで腰痛改善させたい」「長持ちするトッパーが欲しい」という方に向いているでしょう。

    \ 二層構造 /

    2位:通気性抜群!洗えるトッパーなら「エアウィーヴ」

    本体の洗濯可能 独自のファイバー素材 通気性◎

    価格
    シングル:66,000円(税込)
    セミダブル:79,200円(税込)
    ダブル:92,400円(税込)
    クイーン:106,700円(税込)
    キング:118,800円(税込)
    硬さ

    硬め
    厚み
    6cm
    素材
    エアファイバー
    耐久性
    やや高い(寿命5~8年)
    その他
    30日間お試し可能
    3年品質保証

    カバーだけでなく本体の中材も洗濯可能な「エアウィーヴ」。

    そのため常に清潔に利用できるのが強みです。

    独自で開発しているエアファイバー素材は水に強いだけでなく、通気性が良いため暑い夏でも蒸れる心配がほぼありません。

    特にトッパーは既存のベッドに重ねて使うので熱がこもりがちです。

    そのため使いやすさを求めるならエアウィーヴが最適でしょう。

    \ 30日間のお試し寝が可能 /


    3位:値段が安い!硬めトッパーなら「マニフレックス エルゴトッパー」

    コスパ最強 ゴムバンド付き 速乾性有り

    価格
    シングル:19,030円(税込)
    セミダブル:22,836円(税込)
    ダブル:26,642円(税込)
    クイーン:30,448円(税込)
    硬さ

    硬め
    厚み
    4cm
    素材
    エリオセル
    耐久性
    高い(密度31D、復元率98%)
    その他
    全国送料無料
    品質保証有り

    イタリア製のマニフレックスの人気商品である「エルゴトッパー」。

    独自のエリオセル素材は硬めの寝心地が特徴で、このエルゴトッパーも硬めとなっています。

    そのため厚み4cmほどですが、体重が重い方でも問題なく利用できます。
    沈み込みで腰に負担がかかる心配がありません。

    また、以下のようにズレを防ぐためのゴムバンドが付いているのも◎。

    料金が税金19,030円~と人気メーカーにして破格の安さなので、予算を抑えたい人にもおすすめです。

    \ 寝返りしやすい /

    4位:耐久性の高いトッパーなら「ソムレスタ」

    硬すぎない寝心地 耐久性が高い 消臭・防ダニ◎

    価格
    シングル:26,800円(税込)
    セミダブル:32,800円(税込)
    ダブル:39,800(税込)
    硬さ

    (反発力:154N)
    厚み
    5cm
    素材
    高反発ウレタンフォーム
    耐久性
    高い(密度35D以上、復元率99.6%)
    その他
    全国送料無料
    1年品質保証

    トッパーを長く使うなら「ソムレスタ」がおすすめです。

    寝心地は適度に柔らかさも残した硬めですが、へたりにくいのが特徴。

    事実、密度「35D以上」・復元率「99.6%」と非常に高く、およそ5年以上は問題なく使えるでしょう。

    また表面が凸凹しているため、体圧分散性に優れています。
    そのため腰痛改善としても期待できます。

    \ 硬すぎない反発力 /

    【寝心地重視】とにかく柔らかいマットレストッパーランキング

    「とにかく柔らかい寝心地が好み」という場合は、以下のいずれかのトッパーがおすすめです。

    腰痛効果は高くないので体重が軽い方や、うつ伏せ寝をする方に向いています。

  • 1位:沈み込みすぎない理想の寝姿勢「エムリリーエコヘルス」
  • 2位:柔らかさだけを求めるなら「トゥルースリーパー」
  • 3位:薄いトッパー(3.5cm)なら「テンピュール トッパー」
  • 1位:沈み込みすぎない理想の寝姿勢「エムリリーエコヘルス」

    低反発+高反発素材 うつ伏せ寝も対応 3年品質保証

    価格
    セミシングル:15,378円(税込)
    シングル:16,478円(税込)
    セミダブル:20,878円(税込)
    ダブル:24,178円(税込)
    硬さ

    (反発力:上45N,下140N)
    厚み
    5cm(3cmタイプも有り)
    素材
    低反発,高反発ウレタンフォーム
    耐久性
    高い(密度50D、復元率98%)
    その他
    全国送料無料
    3年品質保証

    エムリリーシリーズで最も柔らかいのが、この「エムリリー エコヘルス5cm」。

    低反発+高反発の二層構造で、低反発部分が45N(ニュートン)であるため、かなり柔らかめといえます。

    とはいえ下層部の高反発で体を反発してくれるので、腰が沈み込みすぎる心配もありません。

    なお、基本的には5cmタイプをおすすめしますが、薄型が好みであればエコヘルスの3cmタイプもあります。

    品質の高いトッパーをコスパ良く購入したい人に向いているでしょう。

    \ 新感覚の寝心地 /

    2位:柔らかさだけを求めるなら「トゥルースリーパー」

    低反発の王道 体圧分散性◎ 60日間お試し可

    価格
    シングル:27,280円(税込)
    セミダブル:29,480円(税込)
    ダブル:31,680円(税込)
    クイーン:33,880円(税込)
    硬さ

    (反発力:およそ45N)
    厚み
    5cm
    素材
    低反発ウレタンフォーム
    耐久性
    低い(寿命2~3年ほど)
    その他
    60日間お試し可能
    1年品質保証

    低反発マットレスといえば、王道のトゥルースリーパーが有名ですね。

    もちっとした感触でとにかく柔らかいのが特徴です。

    そのため、筋力の弱い方や子供にも人気の寝心地といえるでしょう。

    耐久性はそこまで高くありませんが(寿命2~3年ほど)、価格が安いので予算を抑えたい人にもおすすめ。

    またトゥルースリーパーは60日間のお試しが可能なので、少しでも気になる方は一度使ってみるのも手です。

    \ 低反発の寝心地 /

    3位:薄いトッパー(3.5cm)なら「テンピュール トッパー」

    ベロア素材カバー 体圧分散性◎ うつ伏せ寝に最適

    価格
    シングル:43,230円(税込)
    セミダブル:58,080円(税込)
    ダブル:67,980円(税込)
    硬さ

    柔らかめ
    厚み
    3.5cm
    素材
    低反発ウレタンフォーム
    耐久性
    低い
    その他
    全国送料無料
    保証なし

    高級メーカーのテンピュール(tempur)で発売された「テンピュール トッパー」。

    厚みは3.5cmと薄いため、硬めのベッドやマットレスと合わせて使うのに最適です。

    寝心地はさすが高級メーカーなだけあって、柔らかく快適な寝心地です。

    また体圧分散性に優れており、一部分に体圧が集中しづらく、寝起きの体の痛みが軽減されやすくなっています。

    少し予算がある方、高級メーカーならではの寝心地を試したい方におすすめ。

    \ 新感覚の寝心地 /

    まとめ:おすすめマットレストッパーの比較一覧表

    当記事でご紹介したランキングも併せて、「各マットレスメーカーのスペック」を一覧にしてみました。

    (※価格はシングルサイズ)

    ブランド名 寝心地 腰痛効果 コスパ 耐久性
    エムリリー
    口コミ&評判ページへ
    (厚み5cm)
    寝心地が良い 腰痛効果あり 安い
    (税込19,778円)
    8年以上

    やや硬め
    優反発+高反発 腰痛効果◎ 寝返りしやすい
    エアウィーヴ
    口コミ&評判ページへ
    (厚み6cm)
    硬めの寝心地 非常に効果的 やや高め
    (税込66,000円)
    5~8年以上

    硬め
    丸洗い可能 通気性良い ファイバー素材
    マニフレックス エルゴトッパー
    口コミ&評判ページへ
    (厚み4cm)
    肌触りが良い 非常に効果的 安い
    (税込19,030円)
    8年以上

    硬め
    エリオセル素材 ゴムバンド付き 通気性抜群
    ソムレスタ
    口コミ&評判ページへ
    (厚み5cm)
    適度な反発 効果的 やや高め
    (税込26,800円)
    8年以上

    やや硬め
    高い耐久性 消臭・防ダニ加工 体圧分散性◎
    エムリリー エコヘルス
    口コミ&評判ページへ
    (厚み5cm/3cm)
    柔らかい寝心地 期待できない 安い
    (税込15,378円)
    約6~8年

    柔らかめ
    低反発+高反発 耐久性高い うつ伏せ寝しやすい
    トゥルースリーパー
    口コミ&評判ページへ
    (厚み5cm)
    もちっとした肌触り 期待できない 安い
    (税込27,280円)
    2~3年

    かなり柔らかめ
    子供や女性に人気 体圧分散性◎ 60日間お試し可
    テンピュール トッパー
    口コミ&評判ページへ
    (厚み3.5cm)
    非常に柔らかい 期待できない 安い
    (税込43,230円~)
    3年

    柔らかめ
    高級メーカー ベロア素材カバー 寝返りを抑える
    アイリスオーヤマ 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込8,980円~)
    2~3年
    SLEEPLE 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込6,980円~)
    2~3年
    タンスのゲン トッパー 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込5,280円~)
    2~3年
    ニトリ 柔らかい寝心地 期待できない 安い
    (税込11,000円~)
    3~4年
    無印良品 適度な柔らかさ 期待できない 非常に安い
    (税込11,000円~)
    3~4年
    gokumin 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込7,916円~)
    2~3年

    マットレストッパーは「寝心地」「腰痛効果」「コスパ」「耐久性」の4つを総合的に見た上で選ぶのがコツです。


    \ ランキングを再度チェック /

    「マットレストッパー人気ランキング」に戻る

    【体験談】マットレストッパーを使ってみた|トッパーの使い方

    当サイトでは実際にマットレストッパーを購入して寝心地を検証してみました。

    その際に利用したトッパーは「トゥルースリーパー」で低反発で柔らかいのが特徴です。

    なお、使い方は主に、

    1. 敷布団の上にマットレストッパーを重ねる
    2. (ベッド)マットレスの上にトッパーを重ねる

    の2種類あります。

    使い方①敷布団の上にマットレストッパーを重ねる

    敷布団を持っている方は、上にトッパーを敷くことで寝心地を改善させることが可能です。

    上記は敷布団(マットレスとしても利用可)の人気メーカー「雲のやすらぎ」の上にトッパーを敷いた画像です。

    上記の敷布団は厚みがあり、高反発素材を利用しているため、柔らかいトッパーを使用しても床の底つき感がありません。

    ただし、もし厚みのない柔らかい敷布団を使っている場合は、硬めのトッパーがおすすめです。

    ▼利用した敷布団はこちら

    使い方②(ベッド)マットレスの上にトッパーを重ねる

    次にマットレスの上にトッパーを重ねてみました。

    ちなみにマットレスは「モットン」で高反発マットレスです。

    やや硬めなので柔らかいトッパーを敷くことで、絶妙な寝心地になります。

    下層部の高反発で体をしっかり支え、寝心地は柔らかいという個人的には一番好みの状態でした。

    ▼利用したマットレスはこちら

    マットレストッパーだけで使うのはNG

    これまでの内容通り、トッパーはベッドやマットレス・敷布団の上に重ねて使うのが一般的です。

    そのため、トッパーのみで使うのはおすすめしません。

    上記の画像のように床の底つき感を感じてしまい、腰痛の原因になるためです。

    また、既存のベッドやマットレス・敷布団の”下”にトッパーを敷くのもNGなので注意しましょう。

    トッパーの効果が無意味になってしまうため、上に重ねるのが基本です。


    \ ランキングを再度チェック /

    「マットレストッパー人気ランキング」に戻る

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    関連記事

    特集記事

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    ランキング

    1. 1

      【整体師公認】マットレスおすすめ人気比較ランキング【コスパ最強はどれ?】

    2. 2

      【モットンを本音で評価】口コミ評判が本当か体験レビューした結果

    3. 3

      雲のやすらぎ口コミ評判の真相を体験レビュー【辛口評価】

    4. 4

      【プロ公認】高反発マットレスのおすすめ人気ランキング比較|評判&効果が良いのは?

    5. 5

      悪評多い?エアウィーヴの評判と口コミから分かる本当の評価

    ※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
    また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

    TOP