硬さで決まる!肩こりマットレスのおすすめランキング|肩や首が痛い人向け

目的別に選ぶマットレス

肩や首が痛いと悩んでいませんか。

このような痛みは睡眠環境に原因がある場合があります。

一日のおよそ3分の1を占める睡眠で、体に合わない硬さの寝具を使っていると慢性的な治りにくい痛みに繋がってしまうのです。

そこで当サイトでは、実際にマットレスを購入して効果のあった「肩こり解消マットレス」を徹底的に分析し、おすすめ順にランキング化しました。

マットレスは肩こり改善に向いているので、ぜひ参考にしてみてください。

首が痛い!肩こり解消マットレスの選び方(おすすめランキングの基準)

そもそもなぜ肩こりになってしまうのでしょうか。

はじめに肩こり改善に効果的なマットレスの選び方を見ていきましょう。

  1. 体重に合った硬さのマットレスを選ぶ
  2. 寝返りしやすいマットレスを選ぶ
  3. 厚み8cm以上のマットレスを選ぶ

肩こり向けのおすすめ①体重に合った硬さのマットレスを選ぶ

マットレスを選ぶ上で「体重に硬さが合っているか」というのは非常に大事です。

例えば以下のようにマットレスが柔らかすぎる場合。
体が深く沈むので、首からお尻にかけて負担が集中してしまいます。

×マットレスが柔らかすぎる場合

その結果、うまく血流が循環せず、寝起きの痛みや肩こりに繋がってしまうわけです。

一方、マットレスが硬すぎる場合も逆効果です。

背中がうまく沈み込まないので、硬直し、結果的に肩こりや首の痛みになるためです。

最も理想的なのが、以下のような硬さが体重に合っている場合です。

◯体重に合った硬さのマットレス

適度に沈みつつ、理想的なS字型姿勢になっているのがわかりますね。

そのため、基本的には反発力のある高反発マットレスがおすすめです。

なお、反発がありすぎると前述通り逆効果になってしまいますが、当サイトでは”体重別”にマットレスをランキング化しているので安心してください。

肩こり向けのおすすめ②寝返りしやすいマットレスを選ぶ

2つ目に「寝返りしやすい」ことも重要な要素といえます。

睡眠中の寝返りは、リンパの流れを促すため、首や背中周りの負担を和らげることができます。

特に歳を重ねるにつれ、寝返りの回数は減る傾向にあるため、少ない方は意識する必要があるでしょう。

そのためには、柔らかい低反発素材ではなく、前述通り高反発マットレスがやはり最適です。

肩こり向けのおすすめ③厚み8cm以上のマットレスを選ぶ

マットレスの厚みが薄すぎると、マットレス本来の効果が発揮されません。

したがって最低でも厚み8cm以上を選ぶのがおすすめです。

特にマットレスを床(フローリング)や畳に直接敷く場合は、床の底つき感を感じないためにもある程度の厚みは必要でしょう。

【超厳選】肩こり解消マットレスのおすすめランキング5選

当サイトでは、肩こり向けにおすすめできるマットレスを5つ厳選しました。

基本的に肩や首が痛い方は高反発マットレスが最適ですが、硬すぎると逆に痛みを悪化させてしまいます。

そこでマットレスの硬さに合わせて、体重別に分けてランキング化しています。

好みの寝心地・ご自身の体重に合わせてぜひ選んでみてください。

  1. 1位「モットン」自分の体重に合った硬さを選べる【全体重向け】一番人気!
  2. 2位「雲のやすらぎ」厚み17cm【体重45~80kg向け】
  3. 4位「エムリリー」厚みが選べる優反発【体重40~70kg向け】
  4. 3位「マニフレックス」三つ折りタイプ【体重50~90kg向け】
  5. 5位「西川エアー」体圧分散性が高い【体重100kg以上も可】

1位「モットン」自分の体重に合った硬さを選べる【全体重向け】

自分の好みの硬さが選べる 寝返りしやすい 90日間全額返金保証

価格
シングル:39,800円(税込)
セミダブル:49,800円(税込)
ダブル:59,800円(税込)
硬さ
やや硬め:140N(45kg以下)
硬め:170N(46~80kg)
かなり硬め:280N(81kg以上)
3種類の硬さから選ぶことが可能
厚み
10cm
耐久性
高い(密度31D、復元率96.0%)
素材
ウレタンフォーム
生産国
日本
その他
全国配送手数料無料、代引き手数料無料
90日間返品保証

体重が軽い人から重い人まで幅広く対応しやすいのがモットンです。

他メーカーとの最大の違いは、自分の好み硬さのマットレスを選べるという点。
3種類(140N/170N/280N)の硬さがあり、体重に合った寝心地が見つかるまで徹底的にこだわることができます。

また、万が一硬さ選びに失敗しても、無料で交換ができるので心配ありません。

高反発素材でしっかり反発してくれるので、肩こりや首の痛みに悩んでいる方におすすめです。

なお、現在「90日間の全額返金保証制度」を実施しているため、一度使ってから購入の判断をすることも可能です。

\ 90日間のお試し寝が可能 /

2位「雲のやすらぎ」厚み17cm【体重45~80kg向け】

表面に羊毛を使用 女性にも人気 100日間全額返金保証

価格
シングル:39,800円(税込)
セミダブル:49,800円(税込)
ダブル:59,800円(税込)
硬さ
やや硬め:150N
厚み
17cm
耐久性
高い(密度35D、復元率99.9%)
素材
ウレタンフォーム
生産国
日本
その他
全国配送手数料無料
100日間返品保証

厚み17cmと厚みがある「雲のやすらぎ」。

硬さ(反発力)が「150N」なので、体重45~80kg向けのマットレスといえます。

また、表面にフランス産羊毛を使用していることから、高反発マットレスであるにも関わらず柔らかい寝心地が特徴。
そのため、「硬い寝心地が苦手」「肩こり改善しつつ寝心地の良さも求めたい」という方におすすめです。

5層構造のボリュームで、税込39,800円(税込)というコスパの良さから常に人気の高いマットレスです。
期間限定で「100日間の全額返金保証」を実施しているので、まずはお試し利用してみるのも良いでしょう。

\ 100日間のお試し寝が可能 /

3位「マニフレックス」三つ折りタイプ【体重50~90kg向け】

折りたたみ可 体重100kg以上にも対応 夏でも蒸れにくい

価格
セミシングル:31,460円(税込)
シングル:34,485円(税込)
セミダブル:47,190円(税込)
ダブル:59,895円(税込)
クイーン:72,600円(税込)
硬さ
硬め:170N
厚み
11cm
耐久性
高い(密度31D、復元率不明)
素材
エリオセル
生産国
イタリア
その他
全国配送手数料無料
10年品質保証

スポーツ選手からの評価が高いイタリア製マットレス「マニフレックス(メッシュウィング)」。
三つ折りタイプで折りたたみができるので、収納性に優れています。

寝心地は硬めなので、体重およそ50~90kgの方に最適なマットレスです。
筋肉質の方でもしっかり全身(特に腰部分)をカバーするので、体が沈み込みません。

さらにマニフレックスが採用する独自のエリオセル素材は、通気性が良く、汗をかいても蒸れにくいのも◎。

「硬めのマットレスが欲しい」「マットレスを毎日収納したい」という方にオススメです。

\ 高反発の三つ折りタイプ /

4位「エムリリー」厚みが選べる優反発【体重40~70kg向け】

厚み5cm/8cm/11cmの3種 柔らかい優反発 優しい肌触り

価格
【11cmタイプ】セミシングル:30,778円(税込)
シングル:32,978円(税込)
セミダブル:40,678円(税込)
ダブル:48,378円(税込)
硬さ
やや硬め:上70N,下140N
厚み
5cm/8cm/11cm
耐久性
高い(密度50D、復元率98%)
素材
優反発+高反発ウレタン
その他
全国配送手数料無料
3年品質保証

エムリリー」は厚み5cm,8cm,11cmの三種類あり、睡眠環境に合わせて選ぶことができます。
また、一般的な高反発マットレスとは異なり、低反発+高反発を融合させたエムリリー独自の”優反発”マットレスとなっています。

そのため通常よりも柔らかい寝心地で、体重およそ40~70kg向けといえます。

体重が重い方向けではありませんが、「低反発並みの寝心地が良い」「うつ伏せ寝で使いたい」という方に向いているでしょう。
なお、低反発マットレスと大きく異なるのは、下層に高反発素材を使っているので、肩や腰への負担が少ない点です。

既に使っている布団の上に敷くなら「5cmのトッパータイプ」、収納するなら「8cmの三つ折りタイプ」、一枚のみで使うなら「11cmの一枚敷きタイプ」が最適です。

\ 新感覚の寝心地 /

5位「西川エアー」体圧分散性が高い【体重100kg以上も可】

凸凹加工で体圧分散性◎ 持ち運びしやすい 姿勢矯正マットレス

価格
【ベーシックタイプ】シングル:44,000円(税込)
セミダブル:60,500円(税込)
ダブル:77,000円(税込)
硬さ
硬め
厚み
8cm
耐久性
高い
素材
ウレタンフォーム
生産国
日本
その他
3年品質保証

筋肉質や体重の重い方は西川エアーがおすすめです。

寝心地は硬めですが、体重100kg以上にも対応しています。
とはいえ硬すぎるわけではなく、適度に体に沈むため理想の睡眠姿勢が保てます。

同じく硬めのマニフレックスとの違いは、マットレスの表面の構造。
マニフレックスは表面がフラットですが、西川エアーは凸凹でこぼこ加工がされており、約1200個の点で体を支えます。

この凸凹構造で体圧分散性に高め、体圧のかかりやすい肩や腰部分などの負担を軽減させるわけですね。

そのため、「睡眠姿勢を矯正させたい」「硬めの寝心地が好み」という方は西川エアーが向いているでしょう。

\ 新感覚の寝心地 /

ランキング結果を一気見!肩こり向けおすすめマットレスの比較一覧

以上の内容を改めて表にすると以下の通り。

ブランド名 肩こり効果 寝心地 コスパ 耐久性
モットン
口コミ&評判ページへ
非常に効果的 適度な反発力 安い
(税込39,800円)
8~10年

やや硬め~硬め~かなり硬め
人気NO.1 硬さが選べる 寝返りしやすい
雲のやすらぎ
口コミ&評判ページへ
非常に効果的 やや柔らかめ 安い
(税込39,800円)
10年以上

やや硬め
厚み17cm うつ伏せ寝にも対応 100日間お試し可
マニフレックス
口コミ&評判ページへ
効果的 硬めの寝心地 安い
(税込34,485円)
8年以上

硬め
三つ折り可 独自の素材使用 イタリア製
エムリリー
口コミ&評判ページへ
効果的 肌触りが良い 安い
(税込32,978円)
8~10年以上
¥柔
やや柔らかめ
3種類の厚み 優反発で柔らかい トッパーにも使える
西川エアー01
口コミ&評判ページへ
非常に効果的 硬めの寝心地 安い
(税込44,000円)
5~8年

かなり硬め
体重重い人にも対応 体圧分散性が高い 持ち運びしやすい

いずれも肩こりには効果的ですが、厚みや硬さが異なります。

したがって選び方を改めてまとめると以下の通りです。

  1. 1位「モットン」自分の体重に合った硬さを選べる【全体重向け】一番人気!
  2. 2位「雲のやすらぎ」厚み17cm【体重45~80kg向け】
  3. 3位「マニフレックス」三つ折りタイプ【体重50~90kg向け】
  4. 4位「エムリリー」厚みが選べる優反発【体重40~70kg向け】
  5. 5位「西川エアー」体圧分散性が高い【体重100kg以上も可】

もし迷っている場合は全体重に対応できる「モットン」を選んでおけば失敗しづらいでしょう。

ぜひ自分に合ったものを選んでみてください。

肩こりにはマットレスだけでなく枕選びも重要

肩こりにはマットレスも大切ですが、枕選びも大きく影響します。

特にマットレスを変えても改善されない場合は、枕に原因があるといえるでしょう。

実は枕も柔らかいものではなく、マットレス同様、ある程度の反発があるものがおすすめです。

詳しくは下記記事で解説しているので良ければ参考にしてください。

なお、枕なしで寝るのはおすすめしません。
リンパの循環を促すためには、頭を体よりも高い位置にしておく必要があるためです。


\ ランキングを再度チェック /

「肩こりマットレスのランキング」に戻る

Mono

Mono

10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

関連記事

特集記事

Mono

Mono

10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

ランキング

  1. 1

    【整体師公認】マットレスおすすめ人気比較ランキング【コスパ最強はどれ?】

  2. 2

    【モットンを本音で評価】口コミ評判が本当か体験レビューした結果

  3. 3

    雲のやすらぎ口コミ評判の真相を体験レビュー【辛口評価】

  4. 4

    【プロ公認】高反発マットレスのおすすめ人気ランキング比較|評判&効果が良いのは?

  5. 5

    悪評多い?エアウィーヴの評判と口コミから分かる本当の評価

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

TOP