【安いの重視】低反発マットレス本当のおすすめ人気比較ランキング

目的別に選ぶマットレス

いまだ根強い人気を持つ低反発マットレス。

柔らかい寝心地で、子供から高齢者まで幅広く利用されているのが特徴です。

とはいえ、ネット上の情報が多すぎてメーカーによって具体的に何が違うのか分かりにくいですよね。

必ずしも柔らかければ良いという訳ではなく、中には寝心地に違和感があったり、すぐヘタってしまったりする場合があります。

そこで当サイトでは、本当におすすめできる低反発マットレスだけをピックアップ& 比較し、ランキング化してみました。

https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
Mono

安いのも考慮して選んでいるので、購入前にぜひ参考にしてください。

注意!低反発マットレスがおすすめな人・おすすめでない人の特徴

低反発マットレスは万人受けしやすい寝心地ではあるものの、実は向き不向きがあるのをご存知ですか?

はじめにおすすめできる人とそうでない人の特徴を解説します。

低反発マットレスがおすすめな人

基本的に以下のいずれかに該当する場合は、低反発マットレスがおすすめです。

  • 体重45kg以下の軽い人
  • 筋力が弱い子供や高齢者
  • うつ伏せ寝をよくする人
  • トッパーとして使いたい人
  • 寝返りを抑えたい人

体重が軽い人であれば、低反発素材でも体に負担なく快眠できます。

また、体重が重い場合であってもトッパーとして使うのであれば問題ありません。

トッパーとは、既存のベッドやマットレス、敷布団の上に重ねて使うもの(いわゆる薄型のマットレス)のことですね。

柔らかいのが好み・寝心地をアップさせたいという場合に向いているでしょう。

低反発マットレスがおすすめでない人

一方で低反発マットレスがおすすめできない人以下の通り。

  • 体重46kg以上の人
  • 筋力がある人・スポーツをよくする人
  • 腰痛やヘルニア持ちの人
  • 寝返りの回数が少ない人
  • 横向き寝をよくする人
  • マットレスを長く使いたい人(5年以上)

体重が重かったり腰痛持ちの人の場合、低反発マットレスを使うことで、腰への負担が大きいので腰痛悪化の原因になります。

そのため適度に反発力のある高反発マットレスがおすすめです。

したがってもし上記に該当する場合は高反発マットレスを検討してみると良いでしょう。

詳しくは以下のリンクからチェックしてみてください。

\ 腰痛改善させるなら /

高反発マットレスの人気ランキングへ

最新情報を更新中

低反発マットレスのおすすめの選び方(人気比較ランキングの基準)

ここからは低反発マットレスを利用したい方向けに、失敗しづらい選び方をご紹介します。

  1. 二層以上の低反発マットレスを選ぶ
  2. 厚みが5cm~8cm以上の低反発マットレスを選ぶ
  3. 耐久性の高い低反発マットレスを選ぶ
  4. 安いかどうかも考慮する

比較基準1.二層以上の低反発マットレスを選ぶ

前述したように低反発マットレスは腰に負担がかかりやすいため、素材が二層以上のマットレスがおすすめです。

中でも上層部が低反発・下層部が高反発のマットレスであれば、体をしっかり支えてくれるので腰痛の心配がありません。

特にこのような硬すぎず柔らかすぎないマットレスは、横向き寝をする方にとって最適です。

比較基準2.厚みが5cm~8cm以上の低反発マットレスを選ぶ

また厚みも重要です。
最低でも5cm以上、また8cm以上あればより良いでしょう。

反発力が弱いことで、床やベッドフレームの底つき感を感じてしまうためです。

トッパーとして既存の寝具に重ねる場合であっても、薄すぎるとへたりの原因にも繋がるのでおすすめしません。

比較基準3.耐久性の高い低反発マットレスを選ぶ

次に「耐久性が高いかどうか」もポイントです。

低反発マットレスは高反発素材に比べてへたりやすく、平均寿命が2~3年ほどとなっています。

そのため、耐久性をみる際は以下の2点に留意するのがおすすめです。

  • 復元率:90%以上であれば耐久性高い
  • 密度:30D以上であれば耐久性高い
  • 比較基準4.安いかどうかも考慮する

    最後に値段も考慮した上で判断しましょう。

    予算があるほど高品質なマットレスにはなりますが、低価格であっても品質の高いものはあります。

    そのためだいたい2~4万円程度が理想的です。
    1万円以下の極端に安いマットレスは、品質が落ちるためおすすめしません。

    【人気ランキング】低反発マットレスのおすすめ比較TOP5(安いの重視)

    当サイトでは、本当におすすめできる低反発マットレスをトップ5でランキング化しました。

    その際に、以下の5点を必須条件としてピックアップしています。

    • 腰への負担が少ない低反発マットレス
    • 二層構造のマットレス
    • 厚み5cm以上のマットレス
    • へたりにくい(耐久性が高い)マットレス
    • 評判が高い人気メーカー&ブランド

    以下のいずれかを選んでおけば間違いないでしょう。
    自分に合ったマットレス選びをしてみてください。

    1. 1位:コスパ最強!使いやすさで選ぶなら「エムリリー優反発」一番人気!
    2. 2位:低反発の王道!三つ折りタイプなら「テンピュール フトンシンプル」
    3. 3位:腰痛効果◎ベッドマットレス22cmなら「マニフレックス T-75」
    4. 4位:トッパーとして使える柔らかめなら「エムリリー エコヘルス」
    5. 5位:寝心地にこだわるなら高品質の「テンピュール オールシーズンズ」

    1位:コスパ最強!使いやすさで選ぶなら「エムリリー優反発」

    厚み5cm/8cm/11cmの3種 柔らかい優反発 優しい肌触り

    価格
    【11cmタイプ】セミシングル:30,778円(税込)
    シングル:32,978円(税込)
    セミダブル:40,678円(税込)
    ダブル:48,378円(税込)
    硬さ
    やや柔らかめ:上70N,下140N
    厚み
    5cm/8cm/11cm
    耐久性
    高い(密度50D、復元率98%)
    素材
    優反発+高反発ウレタン
    その他
    全国配送手数料無料
    3年品質保証

    エムリリー優反発」は独自の”優反発”という素材を使用した柔らかい肌触りが特徴です。

    適度に柔らかく、子供から大人まで万人受けしやすい寝心地になっています。

    また、優反発+高反発の二層構造なので、体重が重い方でも心配ありません。

    下層部の高反発素材で体をしっかり支え、腰痛持ちの方でも利用できます。

    さらに厚み5cm,8cm,11cmの三種類あり、睡眠環境に合わせて選べる点で使いやすさも◎。

    既に使っている布団の上に敷くなら「5cmのトッパータイプ」、収納するなら「8cmの三つ折りタイプ」、一枚のみで使うなら「11cmの一枚敷きタイプ」が最適です。

    \ 新感覚の寝心地 /

    2位:低反発の王道!三つ折りタイプなら「テンピュール フトンシンプル」

    三つ折りタイプ 直置き可能 デンマーク製

    価格
    シングル:52,800円(税込)
    セミダブル:60,500円(税込)
    硬さ
    適度に柔らかめ
    厚み
    6cm
    耐久性
    寿命4~5年
    素材
    テンピュール素材
    その他
    送料無料(一部除く)
    2年品質保証

    低反発の王道マットレスといえばテンピュール。

    日本で低反発マットレスが流行したのも、このテンピュールが起源と言われています。

    中でもテンピュール フトンシンプルは、三つ折りタイプで直置きで使えるのでおすすめです。

    またテンピュールは高級メーカーですが、この「フトンシンプル」は比較的値段が優しめな点もメリット。

    構造は上層部に「サポート層(3cm)」、下層部に「高耐久性ベース(3cm)」の二層構造で体をしっかり支えます。

    低反発で柔らかい寝心地が好み・一枚のみで使えるマットレスが欲しいという方に最適でしょう。

    \ 新感覚の寝心地 /

    3位:腰痛効果◎ベッドマットレス23cmなら「マニフレックス T-75」

    体重軽い人向け ほどよく沈む ソフトな肌触り

    価格
    シングル:157,300円(税込)
    セミダブル:187,550円(税込)
    ダブル:217,800円(税込)
    クイーン:248,050円(税込)
    硬さ
    やや柔らかめ(反発力70N+115N)
    厚み
    23cm
    耐久性
    高い(密度75D+28D)
    素材
    エリオセル
    その他
    全国配送手数料無料
    12年品質保証

    ベッドマットレスを探している場合は「マニフレックス T-75」がおすすめ(厚み23cm)。

    「T-75」はマニフレックスシリーズの中でも非常に柔らかく、うつ伏せ寝をしても圧迫感がありません。

    また独自の「エリオセル・ソフト」と「エリオセルMF」の二層構造で、両面で硬さが違うので好みに合わせて選ぶことが可能です。

    さらにエリオセル素材は通気性に優れており、暑い夏でも蒸れにくく快適に利用できます。

    なお、サイズがシングルからクイーンまで幅広く用意されているので、夫婦やカップルで二人寝をしたい方にも最適でしょう。

    \ 柔らかい寝心地 /

    4位:トッパーとして使える柔らかめなら「エムリリー エコヘルス」

    三つ折りタイプ 直置き可能 デンマーク製

    価格
    【9cmタイプ】セミシングル:25,278円(税込)
    シングル:27,478円(税込)
    セミダブル:34,078円(税込)
    ダブル:40,678円(税込)
    硬さ
    柔らかめ:上45N,下140N
    厚み
    3cm/5cm/9cm
    耐久性
    高い(密度50D、復元率98%)
    素材
    低反発+高反発ウレタン
    その他
    全国配送手数料無料
    3年品質保証

    既に使っているベッドやマットレス、敷布団の上に低反発マットレスを重ねるならエムリリー エコヘルスが向いています。

    低反発+高反発の二層構造で、エムリリーシリーズで最も柔らかいタイプになります。

    そのため、子供や赤ちゃんと一緒に利用したい方にもおすすめです。

    なお、厚みが3cm/5cm/9cmの三種類ありますが、いずれの厚みでもトッパーとして使用可能です。

    \ 新感覚の寝心地 /

    5位:寝心地にこだわるなら高品質の「テンピュール オールシーズンズ」

    4種類の寝心地 最適な温度調整 敷布団の上位版

    価格
    シングル:96,800円(税込)

    硬さ
    適度に柔らかめ
    厚み
    7cm
    耐久性
    寿命5~7年
    素材
    テンピュール素材
    その他
    送料無料(一部除く)
    5年品質保証

    とにかく寝心地にこだわりたい、という方は最高級のテンピュール フトンオールシーズンズがおすすめ。
    テンピュールの敷布団の上位版となります。

    大きな特徴は四季に合わせて4種類の寝心地が選べるという点です。

    特に春夏は涼しく、秋冬は温かい保温性があり、温度調節に優れています。

    耐久性にも優れているため、予算がある方は検討してみると良いでしょう。

    \ 新感覚の寝心地 /


    \ ランキングを再度チェック /

    「低反発マットレス人気ランキング」に戻る

    まとめ:一目で分かる、人気低反発マットレスの比較ランキング一覧

    以下で、ランキング上位5つを含めた「各マットレスメーカーのスペック」を一覧にしてみました。

    (※価格はシングルサイズ)

    ブランド名 寝心地 腰痛効果 コスパ 耐久性
    エムリリー
    口コミ&評判ページへ
    適度な柔らかさ 腰痛効果あり 安い
    (税込32,978円)
    8~10年以上

    やや柔らかめ
    3種類の厚み 優反発+高反発 寝返りしやすい
    テンピュール フトンシンプル
    口コミ&評判ページへ
    柔らかめの寝心地 効果的 やや安い
    (税込52,800円)
    4~5年以上

    適度に柔らかめ
    三つ折りタイプ 直置きOK 2年品質保証
    マニフレックス T-75
    口コミ&評判ページへ
    肌触りが良い 腰痛効果あり 高め
    (税込157,300円)
    8~10年以上

    適度に柔らかめ
    ベッドマットレス23cm 両面使える 通気性抜群
    エムリリー エコヘルス
    口コミ&評判ページへ
    とにかく柔らかい 体重軽い人向け 安い
    (税込27,478円)
    6~8年以上

    柔らかめ
    トッパーとして使える 3cm/5cm/9cmの三種類 うつ伏せ寝に◎
    テンピュール フトンオールシーズンズ
    口コミ&評判ページへ
    最高級の寝心地 非常に効果的 やや高め
    (税込96,800円)
    5~7年以上

    やや柔らかめ
    4種類の硬さ 温度調整に対応 最高級上位版
    トゥルースリーパー
    口コミ&評判ページへ
    非常に柔らかい 期待できない 安い
    (税込27,280円~)
    2~3年
    アイリスオーヤマ 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込8,980円~)
    2~3年
    SLEEPLE 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込6,980円~)
    2~3年
    コアラマットレス 人気の寝心地 期待できない 高い
    (税込61,200円~)
    10年以上
    タンスのゲン トッパー 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込5,280円~)
    2~3年
    日本ベッド シルキーパフ 寝心地良い 腰への負担が少ない 高い
    (税込209,000円~)
    10年以上
    ニトリ 低反発三つ折りマットレス 柔らかい寝心地 期待できない 安い
    (税込11,000円~)
    3~4年
    無印良品 ノンコイルマットレス 適度な柔らかさ 期待できない 非常に安い
    (税込11,000円~)
    3~4年
    gokumin 柔らかい寝心地 期待できない 非常に安い
    (税込7,916円~)
    2~3年

    低反発マットレスは「寝心地」「腰痛効果」「コスパ」「耐久性」の4つを総合的に見た上で選ぶのがコツです。


    \ ランキングを再度チェック /

    「低反発マットレス人気ランキング」に戻る

    悩んでいるなら…低反発マットレスを選ぶならコレ!

    画像引用:エムリリー公式(https://www.mlily.jp/)

    もし低反発マットレス選びに悩んでいる場合は、「エムリリー優反発」がおすすめです。

    「寝心地」「腰痛効果」「コスパ」「耐久性」どれをとってもレベルが高く、3種類の種類(厚み)がある点も評価できます。

    具体的なメリットは以下の通り。

    エムリリー優反発のメリット
  • 体重が軽い人・重い人問わず使える
  • トッパーとしても一枚敷きとしても使える
  • 優反発で適度な柔らかい寝心地が◎
  • 耐久性が高く、寿命およそ8~10年以上
  • 18,679円~という圧倒的コスパの高さ
  • 詳しい内容は以下のリンクからチェックしてみてください。

    \ 新感覚の寝心地 /

    低反発マットレスの使い方&敷き方は?

    低反発マットレスの使い方は主に以下の2つです。

  • 既存のマットレスや敷布団の上に重ねて敷く
  • 一枚のみで使う(二層構造マットレスの場合)
  • 基本的にはトッパーとして上に重ねるのが推奨されていますが、下層部に高反発素材が使われた二層構造マットレスであれば一枚のみでも利用できます。

    なお、トッパーとして使う場合は、下に敷くのは硬めの高反発がおすすめです。
    柔らかいと腰への負担があり、腰痛につながるためです。

    もし「柔らかい敷布団しかない」「今の寝具では腰が痛い」という場合は、以下のリンクで確認してみてください。
    腰への負担が少ない人気マットレスをご紹介しています。

    \ 腰痛改善させるなら /

    おすすめマットレス人気ランキングへ

    最新情報を更新中

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    関連記事

    特集記事

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    ランキング

    1. 1

      【整体師公認】マットレスおすすめ人気比較ランキング【コスパ最強はどれ?】

    2. 2

      【モットンを本音で評価】口コミ評判が本当か体験レビューした結果

    3. 3

      雲のやすらぎ口コミ評判の真相を体験レビュー【辛口評価】

    4. 4

      【プロ公認】高反発マットレスのおすすめ人気ランキング比較|評判&効果が良いのは?

    5. 5

      悪評多い?エアウィーヴの評判と口コミから分かる本当の評価

    ※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
    また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

    TOP