まだ間に合う!高反発マットレスのへたり復活方法とは?

マットレスがへたった際の対処方法を知りたいと思っていませんか?

マットレスは反発力のある高反発マットレスであっても、使い続けると徐々にへたっていきます。

そこで当記事では、高反発マットレスのへたりは復活できるのか、へたった際の対処方法について解説します。

実体験も踏まえて解説していくのでぜひ参考にしてください…!

yaff(やふ)

高反発マットレスのへたりは腰痛の原因なので注意

マットレスがへたって体が沈んでいるにも関わらず使い続けるのはおすすめしません。

以下のように、腰に大きく負担がかかり、腰痛に繋がるためです。

高反発マットレスは体を反発し腰を支えてくれるのが強みですが、へたってしまうと低反発マットレスのように沈みやすくなります。

正しい睡眠姿勢は以下のように、全身をバランス良く反発し、適度に沈むのが理想的です。

そのためマットレスがへたり始めたら、放置せずに対処するか、または別のメーカーに変えるのが最適といえます。

\ 人気の高反発マットレスはこちら /

おすすめマットレス人気ランキングへ

最新情報を更新中

へたりを復活させるには?へたった高反発マットレスの対策方法

結論から言うと、マットレスのへたり自体を復活させることはできません。

ただし何かしら対策することで改善させることはできます。

ここからはいくつかその対策方法を見ていきましょう。

  1. 腰の下にタオルを敷く
  2. 上下・裏表ローテーションして使う
  3. トッパーを上に重ねる
  4. 別のマットレスメーカーに変える

マットレスの復活方法①腰の下にタオルを敷く

お金をかけずにできるのが、タオルを使う方法。

腰の下にタオルを敷くことで、へたった部分をカバーすることができます。

簡単な応急措置ではありますが、今すぐマットレスを買い替えできないという際の対応策として便利です。

マットレスの復活方法②上下・裏表ローテーションして使う

マットレスのへたりは最も体圧のかかる腰部分からへたっていきます。

これに対し、マットレスを裏表ローテーションして使うと、体圧の大きい腰部分の位置が変えられるのでおすすめです。

また裏表だけでなく上下も入れ替えつつ利用すると、より長くマットレスが利用できるでしょう。

マットレスの復活方法③トッパーを上に重ねる

「色々試しても体が沈んでしまう」という場合は、マットレストッパーがおすすめ。

マットレストッパーは厚み3~5cm程度の薄型のマットレスで、寝具の上に重ねて使うのが一般的です。

このアイテムを劣化したマットレスに重ねることで、へたりの部分をカバーし、また寝心地もアップされるので一石二鳥ですね。

特にマットレスを買い替えるほどの予算がない、という場合にコスパ良く購入できるのでおすすめです。

【安い】マットレストッパーおすすめランキング|寝心地重視vs腰痛重視(硬め)どっち?

マットレスの復活方法④別のマットレスメーカーに変える

これまでお話した対策法でも解決できない場合は、新しいマットレスに買い替える必要があるでしょう。

そもそもマットレスのへたりは復活させることができないため、長期的に見れば買ってしまうのが最もコスパ良いといえます。

詳しくは下記リンクもチェックしてみてください!

\ 人気の高反発マットレスはこちら /

おすすめマットレス人気ランキングへ

最新情報を更新中

へたりにくいマットレス(高反発素材)の選び方

マットレスを購入するならヘタリにくいマットレスが良いですよね。

そこでここからは、へたりにくいマットレス(高反発素材)の選び方をみていきます。

  1. 厚みのあるマットレスを選ぶ
  2. 蒸れにくいのマットレスを選ぶ
  3. スプリングマットレスを選ぶ

へたり防止①厚みのあるマットレスを選ぶ

マットレスの厚みはへたりやすさと大きく関係しています。

厚みが薄すぎると、床の底つき感を感じやすくへたりの原因になるのでおすすめしません。

特にウレタン素材のマットレスは注意しましょう。
最低でも8cm以上の厚みは必要です。

へたり防止②蒸れにくいのマットレスを選ぶ

画像引用:エアウィーヴ公式(https://sleep.airweave.jp/)

マットレスがへたってしまう原因の一つとして、汗などの湿気があげられます。

マットレスと体の間で熱がこもり、湿気が溜まることで結果的にへたりに繋がるわけですね。

そのため定期的に陰干しをして除湿対策をするのが大切です。

もし面倒であればファイバーマットレスがおすすめ。

ファイバー素材はポリエチレンでできており、水に強く蒸れにくいマットレスとなります(上記画像参照)。

詳しくは下記記事を参考にしてください。
へたりに注意!洗えるファイバーマットレスの正しい選び方&おすすめ6選

へたり防止③スプリングマットレスを選ぶ

より耐久性の強いマットレスを選ぶならスプリングマットレスを使うのも手です。

スプリングマットレスはバネでできているので耐久性が高く、また湿気によるへたりの心配もほとんどありません。

特にポケットコイルは日本人の体に馴染みやすく、人気が高いのでおすすめです。

プロが本気で選んだ「ポケットコイルマットレス」おすすめランキング【腰痛向け】

一方ボンネルコイルは、ポケットコイルよりも硬めで体重が重い方向けといえます。

【硬め&腰痛向け】ボンネルコイルマットレスおすすめランキング5選

まとめ:へたったマットレス自体の復活は不可能だが対策方法はある

いかがでしたか?

結論から言うと、マットレスのへたりを元に戻すことはできません。

ただし、対策方法として以下のいずれかをすれば解決できる可能性があるでしょう。

  1. 腰の下にタオルを敷く
  2. 上下・裏表ローテーションして使う
  3. トッパーを上に重ねる

もしマットレスの劣化が進みすぎて対策できない場合は、新たに買い替えることをおすすめします。


\ 人気の高反発マットレスはこちら /

おすすめマットレス人気ランキングへ

最新情報を更新中