【返品できた】モットンの返品方法を一から解説|お試しは90日?圧縮可能?

モットンマットレス

「モットンが本当に返品できるのか不安」「返品・梱包方法を知りたい」などと思っていませんか。

現在モットンマットレスでは、購入から90日後、満足できなかった場合に返品(返金)することが可能です。

https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
Mono

つまり実質90日間のお試し利用ができるということになりますね。

とはいえ、やり方や期間を間違えると返金されないといったトラブルも。

そこで今回、実際にモットンを購入し、なるべく労力を使わずに返品できるまでの流れ(手順)をご紹介します。

当記事の通りにやれば、失敗することなく返品ができると思うのでぜひ参考にしてください。

モットンを実際に返品してみた|お試し期間、梱包方法(圧縮)について

冒頭でもお話したように、モットンは、購入後90日間のお試し期間があり、もし寝心地に満足できなかった場合に返品が可能です。

なお、返品する際の主な概要は以下の通り。

モットンの返品における概要
返品保証期間
自宅に商品到着後90日経過後、14日間以内
返品するもの
モットン、専用カバー、保証書
返品先住所
〒329-0607 栃木県河内郡上三川町西汗1662-1 不二ロジカーゴ3F モットンジャパン返品受付窓口宛
配送専用電話番号:050-3786-2641

それではモットンの返品方法の手順を7ステップで見ていきましょう。

  1. モットンの返品保証期間か確認する
  2. モットンをコンパクトな大きさにする
  3. モットンを段ボールに梱包する
  4. 運送会社・配送番号を控えておく
  5. 返品依頼フォームにて口座登録する
  6. モットンの返品完了(返金される)

Step1.モットンの返品保証期間か確認する

まずは返品保証期間であるか確認してください。

モットンの場合、「自宅に商品到着後90日経過後、14日間以内」に返品が可能です。

そのため、90日の間にいつでも返品できるわけではなく、90日経過してからとなるので注意しましょう。

https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
Mono

マットレスの効果は最低でも1ヶ月以上経過を見ないと判断できないので、モットンでは90日間のお試し期間を設けているわけですね。

例えば『1月1日』にモットンが自宅に到着した場合、90日後の『3月31日』までがお試し期間であり、その後の14日間『4月1日から4月14日まで』が返品可能期間となります(2021年の場合)。

Step2.モットンをコンパクトな大きさにする(圧縮しなくても可)

返品保証期間が確認できたら、実際に返品する準備を始めましょう。

モットンをそのままの状態で返品するわけにはいかないので、以下のように折りたたみます。

付属の収納用バンドでめればコンパクトになりますね。

モットンの購入時のように圧縮すると、よりコンパクトになるで返品しやすいですが、圧縮しなくても大丈夫です。

また、実際に圧縮しようとしてもかなりハードルが高いかと思われます。

低反発マットレスのように柔らかければ可能ですが、実際に使ってみると分かるのですがモットンは反発力がある上に厚みもあるため、素人が圧縮するのは難しいでしょう。

Step3.モットンを段ボールに梱包する

次に折りたたんだモットンを梱包こんぽうするための段ボールを別途用意してください。

マットレス一つが丸ごと入る段ボールはなかなか販売していない上、コストがかかってくるので、普通サイズのを2つ用意するのも手です。

ちなみに私はCAINZオンラインショップで160サイズ(3L)の段ボールを2つ購入しました。
(税込328円×2つ=計656円)

2つの段ボールを以下のようにガムテープで組み立てます。

梱包するのは「マットレス本体」「カバー」「保証書」の 3つ。
「収納用バンド」は返品必須ではありませんが、私は念の為入れておきました。

3つを入れたら、以下のようにもう片方の段ボールを上から被せます。

うまくハマりましたね。

最後にガムテープで留めれば梱包完了です。

圧縮などしないので、特に力作業などなく簡単にできました。

Step4.返品先住所に配送する

梱包が終わったらいよいよ返品先住所に送ります。
住所は以下の通り(2021年時点)。

〒329-0607 栃木県河内郡上三川町西汗1662-1 不二ロジカーゴ3F モットンジャパン返品受付窓口宛

なお、モノを配送するときは基本的に郵便局やコンビニに直接持って行くかと思うのですが、マットレスは大きすぎるため直接持って行くのはひと手間かかってしまいます。

そのため、配送業者(佐川やヤマトなど)に集荷しゅうかを依頼するのが便利でおすすめです。
配送業者に家に来てもらい、モットンを預けて配送してもらうわけですね。

ちなみに私は佐川急便に集荷依頼をしました。

Step5.運送会社・配送番号を控えておく

また、配送する際は以下のような送り状に届け先の住所などを記入します。
この送り状を段ボールに貼り付けて集荷依頼すればOKです。

その際に配送番号(お問い合わせ送り状NO.)を必ず控えておくようにしましょう。

画像引用:佐川急便公式(https://www.sagawa-exp.co.jp/send/deliveryform.html)

運輸会社・配送番号を忘れると返金されないので注意してください。

Step6.返品依頼フォームにて口座登録する

配送作業が終わったら、最後に返品依頼フォームにアクセスし、返金先の口座登録をします。

ページの下までスクロールすると「【高反発マットレス】のフォームへ」という赤いボタンをタップ。

モットンに関するアンケートがいくつかあるので、質問に沿って答えます。

その際に、返品時に使用した運送会社と配送番号も記入します。
このアンケートに登録しないといけないので、先ほどの「Step5.運送会社・配送番号を控えておく」の作業が必要なわけですね。

最後に返金先の口座登録を記入すれば返品依頼が完了です。

アンケートは簡単なものばかりなので、トータル5分程度で終わります。

Step7.モットンの返品完了(返金される)

以上のStep1~Step6で返品作業は終わりです。
あとは、モットン側から、返品受理の確認メールが来たら返品完了となります。

受理してから30日以内に返金手続きが行われるため、確認しておくと良いでしょう。

\ 腰痛対策に効果的 /

モットンを返品する際に必ずチェックしておきたい5つの注意事項

最後にモットンを返品する際に必ず知っておきたい、5つの注意事項をチェックしておきましょう。

  1. モットン返品時の配送手数料は自己負担
  2. 保証書も忘れずに返品する
  3. 運送会社・配送番号を必ず控えておく
  4. 90日間経過後の14日以内に到着する必要がある
  5. 公式サイト以外からの購入は返金されない

①モットン返品時の配送手数料は自己負担

マットレスの費用は全額返金されますが、返品時の配送手数料は自己負担となるので注意してください。

具体的には以下5つの費用がかかります。

  • 配送手数料(3,960円/個)
  • 代引き手数料(660円)
    (※代金引換で購入した場合のみ)
  • 返金時の銀行振込み手数料(660円)
  • 印紙代(220円)
    (※合計購入金額5万円以上の場合のみ発生)
  • 商品返品の際の送料
  • そのため、私の場合は合計で6,684円の負担額となりました。
    詳細は以下の通り。

    モットン返品時にかかった費用
    配送手数料
    3,960円
    商品返品の際の送料
    (東京〜栃木)
    2,068円
    梱包費(段ボール2枚)
    656円
    合計負担額
    6,684円

    私の場合、購入時にクレカで支払ったので、「代引き手数料」と「銀行振込み手数料」の支払いはありません。
    また、シングルサイズ(39,800円)のモットンを購入したので、5万円以上の購入で負担になる「印紙代」もありませんでした。

    なお、佐川急便を使ったので、「商品返品の際の送料」は東京から栃木まで2,068円となります。

    画像引用:佐川急便公式(https://www.sagawa-exp.co.jp/send/fare/list/sagawa_faretable/)

    すなわち、”39,800円”のモットンのシングルサイズを購入し、返品時に”6,684円”自己負担となったので、結果的に”33,116円”手元に返ってきたといえます。

    手数料などがかかるのは仕方ないですが、個人的には90日間使えた上に返金されたので満足しています。

    ②保証書も忘れずに返品する

    2つ目の注意点として、保証書も忘れずに返品しましょう。

    必ず返品しないといけないのは「マットレス本体」「カバー」「保証書」の3点です。

    保証書は購入時に、マットレスと一緒に同封されていますが、この保証書をくしたりすると返金されません。

    再発行もできないのでしっかり保管しておくことをおすすめします。

    ③運送会社・配送番号を必ず控えておく

    画像引用:佐川急便公式(https://www.sagawa-exp.co.jp/send/deliveryform.html)

    前章でも繰り返しお話しましたが、返送時に利用する運送会社と配送番号はしっかりメモして控えておいてください。

    返金申請時に返品依頼フォーム(http://motton-japan.com/henkin/)でこの2つを記入する必要があります。

    こちらも忘れると返金対象外となるため要注意です。

    ④お試し90日間経過後の14日以内に到着する必要がある

    4つ目に、返品保証期間についてですが、お試し期間である90日間の間では返品できません。

    「自宅に商品到着後90日経過後、14日間以内」に返品するんでしたね。

    その際に、”14日間以内に発送”すれば良いのではなく、“14日間以内に返品先に到着”している必要があります。

    したがって、余裕を持って早めに発送するのがおすすめです。

    ⑤公式サイト以外からの購入は返金されない

    最後に、これまで解説してきた「90日間の全額返金保証制度」はモットンの公式サイト限定なので注意しましょう。

    現在モットンが購入できるのは、公式サイト・Amazon・楽天の3つですが、Amazonと楽天で購入した場合は、この保証制度が適用されません。

    そのため、万が一満足できなかった場合に返品できるように、公式サイト経由で購入することをおすすめします。

    \ 腰痛対策に効果的 /

    まとめ:モットンは90日利用した後に返品可能

    いかがでしたか?
    今回はモットンの返品方法について初心者でもわかりやすく一からレビューしてみました。

    繰り返しになりますが、モットンは90日間利用したのちに返品手続きが可能です。
    期間中に返品はできないので注意しましょう。

    「モットンを購入したいけどまだ買う勇気がない」「まずは寝心地だけ確かめてみたい」という方は、ぜひ90日間のお試し利用をしてから検討してみてください。

    \ 90日間お試し寝ができる /

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    関連記事

    特集記事

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    ランキング

    1. 1

      【整体師公認】マットレスおすすめ人気比較ランキング【コスパ最強はどれ?】

    2. 2

      【モットンを本音で評価】口コミ評判が本当か体験レビューした結果

    3. 3

      雲のやすらぎ口コミ評判の真相を体験レビュー【辛口評価】

    4. 4

      【プロ公認】高反発マットレスのおすすめ人気ランキング比較|評判&効果が良いのは?

    5. 5

      悪評多い?エアウィーヴの評判と口コミから分かる本当の評価

    ※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
    また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

    TOP