選び方に注意!安いマットレスおすすめ5選|1万円~2万円の格安&激安を厳選

目的別に選ぶマットレス

マットレスを買うなら価格が安いに越したことはありませんよね。

ただし激安マットレスは寝心地に違和感があったり、へたりやすかったりと訳ありの場合が多いのが現状です。

そこでこの記事では、予算1万円~2万円以下でも購入できるおすすめの格安マットレスをご紹介します。

https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
Mono

まずは、マットレス選びに失敗しないように選び方からチェックしていきましょう。

激安に注意!安いマットレスを選ぶ際の注意点

冒頭でもお話したように、値段が安いマットレスには安いなりの理由があります。

はじめに安いマットレスにありがちな、おすすめできない3つの特徴について解説していきます。

  1. 「沈み込みやすい」安いマットレスはおすすめしない
  2. 「密度の低い」安いマットレスはおすすめしない
  3. 「厚みが薄い」安いマットレスはおすすめしない

1「沈み込みやすい」安いマットレスはおすすめしない

1つ目に反発力が弱く「沈み込みやすい」マットレスはおすすめしません。

以下のように体が深く沈み、特に腰部分に負担がかかることで腰痛に繋がるためです。

これは安いマットレスによく見受けられ、高反発マットレスであっても反発が弱い場合があります。

そのため、硬すぎず柔らかすぎない、適度な反発力のある高反発マットレスがおすすめです。

https://ilyaff.com/wp-content/uploads/2021/03/スクリーンショット-2021-03-12-12.14.59-460x460.jpg
Mono

低反発マットレスは、そもそも睡眠中の体に良くないのでおすすめしていません。

2「密度の低い」安いマットレスはおすすめしない

また「密度の低い」安いマットレスもなるべく避けましょう。

密度(D)というのは、スポンジなどを想像していただくと分かりやすいのですが、中身が詰まっているかどうかの度合いのことです。

上記図のように、中身がスカスカのスポンジは耐久性が弱くすぐにヘタってしまいます。
一方で、中身がぎっしり詰まっていれば長持ちしますよね。

安いマットレスはこの密度が低いマットレスが多く、つまり耐久性が弱い傾向にあります。

一般的に「密度30D以上」だと耐久性が高いので、欠かさずにチェックしておくのが大事です。

3「厚みが薄い」安いマットレスはおすすめしない

最後に厚みも重要な要素です。

最低でも厚み8cm以上あると安心でしょう。

極端に厚みが薄いマットレスだと、床に直接敷いた場合に、床の底つき感を感じてしまう可能性があるためです。

その結果腰痛や寝起きの体の痛みに繋がるので、睡眠姿勢を保つためにも厚みには留意してください。

【人気ランキング】安いおすすめマットレス(1万円~2万円以下)

当サイトでは、予算1万円~2万円以下でも購入できる、安いおすすめマットレスを5つ厳選しました。

いずれも知名度のある人気メーカーで寝心地の良さは保証されています。

目的に合わせてご自身に合ったマットレスを選んでみてください。

  1. エアツリーマットレス【腰痛&肩こり改善向け】
  2. エムリリーマットレス【二層構造で寝心地抜群】
  3. GOKUMINベッドマットレス【ポケットコイルの安定感】
  4. エイプマンパッド【三つ折りタイプ】
  5. エアリーマットレス【洗えるトッパー】

安いおすすめ①エアツリーマットレス【腰痛&肩こり改善向け】

センターハード仕様 通気性良い 耐久性が高い

価格
シングル:19,980円(税込)
硬さ
硬め:170N
厚み
8cm
耐久性
高い(密度32D、復元率97.9%)
素材
高反発ウレタン
その他
1年品質保証

マットレスで腰痛や肩こり改善をさせるならエアツリーマットレスがおすすめ。

マットレス中心部のみが硬くなっているため、最も負担のかかりやすい腰部分の負担が抑えられます。

またマットレス表面が凸凹加工にされており、体圧分散性も◎。

硬さは170N(ニュートン)と硬めで、体重が重い方でも問題ありません。

このようなクオリティーで税込19,980円で購入できるので、非常にコスパ良いといえるでしょう。

ただしシングルサイズしか販売されていない点は注意が必要です。

\ 新感覚の寝心地 /

安いおすすめ②エムリリーマットレス【二層構造で寝心地抜群】

厚み5cm/8cm/11cmの3種 柔らかい優反発 優しい肌触り

価格
【11cmタイプ】セミシングル:30,778円(税込)
シングル:32,978円(税込)
セミダブル:40,678円(税込)
ダブル:48,378円(税込)
硬さ
やや硬め:上70N,下140N
厚み
5cm/8cm/11cm
耐久性
高い(密度50D、復元率98%)
素材
優反発+高反発ウレタン
その他
全国配送手数料無料
3年品質保証

エムリリー」一般的な高反発マットレスとは異なり、低反発+高反発を融合させたエムリリー独自の”優反発”マットレスとなっています。

そのため通常よりも柔らかい寝心地で、体重が重い方向けではありませんが、「低反発並みの寝心地が良い」「うつ伏せ寝で使いたい」という方に向いているでしょう。

なお、低反発マットレスと大きく異なるのは、下層に高反発素材を使っているので、腰への負担が少ない点です。

ちなみに厚み5cm,8cm,11cmの三種類あり、睡眠環境に合わせて選ぶことができます。

既に使っている布団の上に敷くなら「5cmのトッパータイプ」、収納するなら「8cmの三つ折りタイプ」、一枚のみで使うなら「11cmの一枚敷きタイプ」が最適です。

\ 新感覚の寝心地 /

安いおすすめ③GOKUMINベッドマットレス【ポケットコイルの安定感】

403個のコイル数 20cmの厚み 国内検査機関認証済み

価格
セミシングル:13,980円(税込)
シングル:15,800円(税込)
セミダブル:19,800円(税込)
ダブル:22,800円(税込)
硬さ
硬め:180N
厚み
20cm
耐久性
高い(密度34D、復元率98%)
素材
高反発ウレタン
その他
8年品質保証

ベッドマットレスを探しているなら、厚み20cmのGOKUMINがおすすめ。

ベッドマットレスにも関わらず、税込13,980円~と非常に格安なのが強みです。

403個のポケットコイルで点で体を支えるため、横向き寝をする方でも睡眠姿勢に合わせて支えてくれます。

また硬さは180Nの硬めで、かつ厚みもあるので体重が重い人でもへたる心配がありません。

さらに8年の品質保証が付いているので長く使いたい人にも向いているでしょう。

\ 新感覚の寝心地 /

安いおすすめ④エイプマンパッド【三つ折りタイプ】

メッシュ生地採用 丸洗い可能 収納性が高い

価格
シングル:15,950円(税込)
セミダブル:19,140円(税込)
ダブル:22,407円(税込)
硬さ
硬め:170N
厚み
10cm
耐久性
高い(密度30D)
素材
APPU硬質フォーム
その他
90日返品保証

三つ折りタイプの硬めマットレスを選ぶならエイプマンパッドが最適です。

三つ折りの折り目があるので、収納性が高く、一人暮らしの方にも向いています。

またカバーがメッシュ生地で通気性が良いので、暑い夏でも蒸れる心配がありません。

さらに芯材(マットレス本体)も丸洗いできるというメリットも。

使いやすさという点で非常に評価できるマットレスです。

\ 新感覚の寝心地 /

安いおすすめ⑤エアリーマットレス【洗えるトッパー】

トッパーとして使える 丸洗い可能 寝返りしやすい

価格
シングル:15,582円(税込)
セミダブル:19,991円(税込)
ダブル:22,664円(税込)
硬さ
やや柔らかめ
厚み
5cm
耐久性
普通(復元率85%)
素材
指定外繊維(ポリエーテルエステル系繊維)

アイリスオーヤマの人気商品であるエアリーマットレス

大きな特徴は洗えるという点です。
マットレスは何かと汚れやすいので、常に清潔を保てるのは嬉しいですね。

ただし厚みが5cmほどしかないので、一枚ではなく既存の寝具に重ねる”トッパー”として使うのがおすすめです。

また耐久性もそこまで高くない点も留意しておきましょう。

とはいえ寝心地に対する評価は非常に高く、柔らかめが好みの方・うつ伏せ寝をよくする方には非常におすすめできます。

\ 新感覚の寝心地 /

まとめ:安いマットレスのおすすめメーカー比較一覧表

以下で、ランキング上位5つを含めた「各マットレスメーカーのスペック」を一覧にしてみました。

ブランド名 コスパ 寝心地 腰痛効果 耐久性
エアツリーマットレス
口コミ&評判ページへ
非常に安い
(税込19,980円)
硬め 非常に効果的 6~8年

硬め
腰部分のみ硬め メッシュ生地 寝返りしやすい
エムリリー
口コミ&評判ページへ
安い
(税込30,778円)
適度な柔らかさ 非常に効果的 8~10年以上

やや柔らかめ
3種類の厚み 万人受けしやすい トッパーにも使える
GOKUMIN
口コミ&評判ページへ
非常に安い
(税込13,980円)
硬めの寝心地 効果的 8~10年以上

硬め
厚み20cm コイル数403個 防菌・防臭
エイプマンパッド 非常に安い
(税込15,950円)
硬めの高反発 効果的 6~8年

硬め
三つ折りタイプ 通気性が良い 寝返りしやすい
エアリーマットレス 非常に安い
(税込15,582円)
女性に人気 期待できない 5~6年

やや柔らかめ
トッパー うつ伏せ寝も可能 丸洗い可能
雲のやすらぎ 平均的
(税込39,800円)
柔らかい寝心地 非常に効果的 10年以上
マニフレックス 平均的
(税込34,485円)
適度な反発 効果的 8年以上
トゥルースリーパー 非常に安い
(税込27,280円~)
柔らかめ 期待できない 2~3年
オクタスプリング 非常に安い
(税込21,780円~)
柔らかめ 期待できない 3~5年
ニトリ(NスリープP1) 平均的
(税込39,900円~)
適度な硬さ 腰痛向けではない 3~5年
イケア(ヒュッレスタード) 平均的
(税込39,990円~)
やや硬め 腰痛向けではない 5~8年
無印良品(ポケットコイル) 平均的
(税込37,900円~)
柔らかめ 腰痛向けではない 5~6年
タンスのゲン 非常に安い
(税込16,999円~)
やや柔らかめ 期待できない 3~5年

マットレス選びは「腰痛効果」「寝心地」「コスパ」「耐久性」の4つを総合的に見た上で選ぶのがコツです。


▶︎「【人気ランキング】安いおすすめマットレス(1万円~2万円以下)」に戻る

なぜ安いの?値段を激安&格安で販売できる訳

さて当記事では1~2万円以下のマットレスを主にご紹介していきましたが、そもそもなぜこれだけ安く販売できるのか気になりますよね。

低価格で販売できる理由として主に以下の2つが挙げられます。

  • 安い素材を利用している
  • 外国の工場(中国やベトナム等)で生産されている
  • 大量生産システムで人件費を押さえている
  • したがって正直に言ってしまうと、やはり高いマットレスに比べると品質自体は劣ります。

    ただし今回ご紹介したように、最低限の品質が保証されている格安メーカーもあるので、値段を最優先させる方には問題ないでしょう。

    とはいえもう少し予算が出せるのであれば、それに越したことはありません。

    相場3~4万円のマットレスメーカーでは、職人が一つ一つ作り上げた日本製マットレスや、スポーツ選手に愛用されている高品質マットレスなどがあります。

    当サイトでは3~4万円の高品質マットレスを積極的におすすめしているので、詳しくは以下のリンクからチェックしてみてください。

    \ 3~4万円の高品質マットレスなら /

    おすすめマットレス人気ランキングへ

    最新情報を更新中

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    関連記事

    特集記事

    Mono

    Mono

    10年腰痛に悩んでいたものの、マットレスの効果を知りマットレス"まにあ"に。 実際にマットレスを購入し、辛口で体験レビューしていきます。

    ランキング

    1. 1

      【整体師公認】マットレスおすすめ人気比較ランキング【コスパ最強はどれ?】

    2. 2

      【モットンを本音で評価】口コミ評判が本当か体験レビューした結果

    3. 3

      雲のやすらぎ口コミ評判の真相を体験レビュー【辛口評価】

    4. 4

      【プロ公認】高反発マットレスのおすすめ人気ランキング比較|評判&効果が良いのは?

    5. 5

      悪評多い?エアウィーヴの評判と口コミから分かる本当の評価

    ※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
    また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

    TOP